効果を知ろう


  • 妊娠は女性にとって驚きの連続です。
    体調や体、心の変化で色々と不安な人も多いのではないでょうか。
    特に、自分のお腹のふくらみの大きさはびっくりするという人が多くいます。
    大切な赤ちゃんの成長に合わせて大きくなるお腹の皮膚は、大きさに合わせて伸びていきます。
    そのままにしていると、急激にお腹が大きくなる7ヶ月ごろに妊娠線が出来てしまうケースも多くあります。
    妊娠線とは、急激にお腹が大きくなり、ひっぱられた皮膚が伸ばされ、皮膚の表面が裂けたようになる線のことを言います。
    お腹以外にも、お尻や太もも、バストに妊娠線ができる場合があります。
    いずれも、急激に皮膚が伸ばされてできる現象です。
    妊娠線はいったんできてしまうと、なかなかもとに戻らないのが難点です。

    妊娠線ができる原因として、ホルモンの影響が考えられています。
    妊娠中はコルチコステロイドというホルモンが分泌されてしまうため、お肌が乾燥したり、弾力がなくなったりして、柔軟性が失われてしまうのが原因だと言われています。
    予防のためには、できてしまうまえに対策をすることが重要です。
    予防法として最も大切なのは、保湿することです。
    お腹が膨らみはじめた頃から、クリームやローションでしっかり保湿して、お肌を柔らかくしておくことが大切です。
    ボディローションやボディクリームなどを使用してもいいし、刺激が少ない専用クリームなども販売されています。
    妊娠線が出来る前は、お肌がかゆくなったり、カサカサするといわれているので、前兆を見逃さないようにケアしていきたいですね。