塗り方


  • 妊娠すると体内のホルモンバランスが変化して、心身ともにそれまでとは異なってきます。
    これらの変化は肌にも現れてきます。
    一般的に、妊娠中は肌が乾燥しがちになるといわれており、肌が乾燥することでかゆみや湿疹などの肌トラブルも増えてきます。
    従って、普段よりも保湿に心がけたスキンケアをすることが大切です。
    また、肌の変化によって今まで使っていた化粧品が合わなくなる場合も出てきます。
    臭いに敏感になる場合もありますから、そのような時には無香料のものや低刺激の化粧品に変えることも有効です。
    新しい化粧品に変えた時には、パッチテストをするなど使い始めには気をつけましょう。
    妊娠中はストレスを感じやすくなる時期でもあります。
    肌トラブルがストレスにならないように、日ごろのスキンケアを見直すことも大切です。

    妊娠中に起こる肌トラブルの代表的なものには妊娠線があります。
    これは一般的に、赤ちゃんが大きくなるにつれて肌が急激に引っ張られることによって引き起こされるものです。
    お腹以外にも胸の側面や太もも、お尻にできる場合もあります。
    一度できてしまうと消えることがありませんので、予防することが重要になります。
    この妊娠線を予防するためには保湿を中心としたスキンケアが大切になってきます。
    妊娠線の予防は妊娠中期頃から始めます。
    お腹が中心になりますが、胸や太ももなど脂肪がつきやすい部分もケアします。
    使用する保湿クリームやオイルには様々なものがあります。
    毎日使うものですから、事前に調べておくことも大切です。
    また、内側からのケアも大切ですから、急激に太ってしまうことがないように食事や体重管理をすることも有効です。