新着記事





オススメリンク


注目の記事


効果を知ろう

肌は、表皮と真皮、皮下組織の層でできています。それが妊娠をしてお腹が大きくなることで伸びてしまいます。層によっては伸びに付いていけない層もあるため、妊娠線として出てきます。妊娠線のできやすい箇所にクリームを塗りましょう。

塗り方

妊娠線クリームを塗る場合、お腹やお尻、胸、太ももなどにただ塗るだけでは効果がありません。丁寧に肌の奥に浸透させるりこむようにクリームを塗ることで、妊娠線を確実に予防することができるのです。

豊富な種類

妊娠線クリームには、様々な種類があります。無添加のクリーム、オーガニックのクリーム、クリーム以外にオイルなども販売されています。肌へ効果や保湿効果も異なるため、購入前に確認しておきましょう。


妊婦のおなか

効果的な時期

妊娠線クリームは、妊娠線ができないように予防するためのクリームとして使用されています。
妊娠初期から妊娠中期はお腹の膨らみは目立ちませんが、妊娠中期から妊娠後期にかけて大きく膨らんできます。
その際、皮膚が伸びていくため、出産後は伸びた皮膚が縮むため妊娠線としてお腹に残ってしまいます。
さらに、妊娠線はお腹だけでなく、太ももやお尻、胸にまでできてしまいます。そのため、妊娠に気付いた時点で早めに妊娠線クリームで皮膚を保湿することが大切なのです。
人によってお腹の大きさは異なりますが、小さいからと言って妊娠線ができないというわけではありません。妊娠後期に入り急に大きくなる人や、元の皮膚が伸びるため、妊娠線ができてしまう可能性が高いのです。
そのため、妊娠線を予防するクリームは、妊娠初期から使用しておきましょう。

妊娠線クリームは皮膚を保湿するとして使用されていますが、ボディクリームも同様に使用されています。
どちらも保湿効果が高いとして使用されていますが、妊娠線クリームにはボディクリームにはない効果を得ることができるのです。
ボディクリームには、美白効果やリラックス効果、皮膚を引き締める効果のある製品が種類豊富に存在しています。
身体を保湿する以外にも効果が得られるのが、ボディクリームの特徴です。
妊娠線クリームは、保湿を主に作られています。リーズナブルな価格で販売されている妊娠線クリームや高額で販売されている妊娠線クリームも販売されています。
少ない量でも高い保湿効果があるため、ベタベタ感が苦手な人でも付けやすく、ボディクリームにはない高い保湿効果が特徴です。